「痕2 星空の記憶 The Memory of EternalTree 」



 それは、記憶。誰にも捨て去ることの出来ないもの。

 燃え盛る炎。焼け落ちる家屋。悲鳴と雄たけび。それは、この時代では悲劇ではあるが、決して珍しいものとは言えなかった。その中を甲冑姿も凛々しい若侍が、髪を振り乱して何者かを探していた。周囲には、奥衆の女性達や踏み込んできた侍、駆けつけた侍達の死体がそこらじゅうにある。だが、彼の視界には入らない。彼は、たった一人の人物だけを探していたのだ。その名を叫ぶ。
「サヨ! サヨ!」
 踏み込んでは、襖を空け、探し人の名を叫ぶ。その声に誘われるかのように集い、襲いかかる敵方の侍が現れるが、そのたびに斬り捨てる。もちろん、若侍といえども無傷とはいかない。戦うたびに手傷が増えて行く。だが、かまわず叫ぶ。
「サヨ!」
「にいさま!」
 ようやくその声を聞いたのは、奥衆を仕切っていた婆やの遺体を目にした時だった。襖を開ける。そこにはうら若き姫がいた。刀を携えている。
「大丈夫か?」
「ええ、ええ!」
 姫を抱える。だが、姫は兄の後ろに敵兵がいるのを発見した。
「にいさま!」


 12/20 隆山 柏木家

 その日も平凡な朝の一日のはず……だった。新年をあと二週間たらずで迎える隆山の朝は、寒い。だが、その寒さにも凛としたものがある。そして、柏木家の朝も普段と変わらぬものだった。
 食卓に集まった柏木家の住人達は、みなこの後の支度を整えて朝食を食べようとしている。長女は、仕事場に向かうためのかっちりとしたスーツ姿、次女、三女、四女は学校へ行くために制服姿。
 最後に長女が食卓についた時点で、「いただきます」という唱和があり、四人は食事を始めた。次女の梓が千鶴に味噌汁をよそうとき、
「……千鶴姉。夜、ちょっと書類書いてくれないかな? 名前とハンコ押すだけでいいんだけど」
「なに、梓?」
 千鶴の問いかけに、残りの二人は視線だけを次女に向ける。
「あ、そ、そのね」、三人から無言の問いかけを受けた梓は少しの間ためらって、「大学推薦の書類」
「すごい、梓お姉ちゃん。大学の推薦受けたの?」末っ子の初音は、その天性の溌剌さそのままの笑みをうかべた。
「……」三女の楓も喜んでいた。基本的に表情をあまり表に出さないが、にこやかな笑みを浮かべていた。表情だけなのは、食事中だったというのが一番大きな理由かもしれない。常々驚異的な食事スピードを誇る三女は、基本的に食事時の会話には加わらない。
「うん、その……大学にね。ま、まだ決めたというワケじゃないんだけど……」
 梓の声はどことなく怯えているような雰囲気があった。まるでいたずらがバレそうになった子供のような感じ。楓はそう心の中でつぶやいて、お茶に手を伸ばす。初音は何も知らないかのように、どこなの、その大学? という顔を浮かべていた。梓がおずおずと学校名を口にする。
 そう、ここからじゃ遠いわね。さびしくなるわね……。そう千鶴は言いかけて、ハタと止まった。
「梓?」
「な、なんだい? 千鶴姉」
「その大学って、耕一さんが通っている大学じゃないの?」
 ピキっ。梓にはまるで空気が割れるような擬音が聞こえたような気がした。
「梓、一人だけ耕一さんの元に行こうとしているわね……」
 千鶴の目が細くなった。楓も冷たい視線。初音は「うらやましいなぁ。耕一にいちゃんと一緒の大学かぁ」と無邪気に笑っているが、目だけは笑っていなかった。三者三様に自分の行為を『抜け駆け』と受け取っているようだ。梓はあわてて訂正した。
「そ、そんなつもりじゃないんだ。たまたま推薦を受けただけで。ま、まだ行くかどうかは決めてないんだ。ほんとだって!」
「でも、黙っていたのね」
「うっ……」
「不潔」
「か、楓……」
「お兄ちゃんによろしくね」ヨッコリ笑う初音。
「は、初音」……私は、あんたのその笑みが怖いよ。とはいえ、いかな梓にもその言葉を口に出さないだけの分別はあった。

 朝の食卓が不穏な空気に包まれつつあったが、つけっぱなしのTVから流れるニュースがその不穏な空気を吹き飛ばしてしまった。
「……本日未明、F市で発見された複数の男女の遺体について、警察では遺体の損傷が激しいことから猛獣等に襲われた可能性もあるとして付近の住民に夜は出歩かないことを呼びかけています」
 ピクリと楓がTVへ視線を向けた。それにつられて残りの三人も視線を向ける。
「この事件は、コンビニエンス・ストアにいた数名の男女が襲われたもので、通報者によると大きな動物のような影をみた。という証言があり、警察もこれを重視、動物園、ペットショップから逃げ出した動物がいないか確認を急いでいます。遺体に関しては損傷が激しく、警察では現在身元を確認しています」
「まるで、あのときみたい……」
 ポツリと初音が漏らした。あの事件。梓は、夏に起こった事件を思い出した。隆山で起こった連続殺人。警察の緘口令のために内情は明らかになっていないが、その事件の当事者が梓であり、今はここにいない従兄なのだ。
「ここで、新たな情報が入りました。殺害された男女の身元が判明しました。相原美由紀さん、22歳、……」
 四人は黙って、キャスターの読み上げる名前をいくばくかの関心をこめて見つめていた。四人にとって衝撃的だったのは、その後に呼ばれた名前だった。
「柏木耕一さん、20歳。佐藤珠代さん、19歳」
「嘘……」
 四人は凍りついたように、互いの顔を見合した。
「いま、柏木耕一って聞こえたけど?」千鶴が問いかける。
「や、やだなー。千鶴姉。聞き間違いだよ。耕一のやつがそうそう……」
「確かに、柏木耕一と言っていたけど」楓がポツリと漏らし、二人は固まった。慌てて初音がフォローをいれる。
「で、でも、同姓同名っていうこともあるんだし」
「そ、そうよね。そうにちがいないわ」
「だよなぁ」
 楓は、姉達の無理やり納得しようとしているありさまではなく、TVに注目していた。
「……四人の被害者が在籍していた大学では……」映し出される校門。そこには、耕一が在籍している大学の名前だった。先ほどまで梓の推薦入学(候補)先の大学としてあがっていたので、間違いはなかった。「関係者が集まりはじめています」
「嘘、でしょ」千鶴の顔が青ざめていた。それは他の三人にしても変わらない。

 その時、居間の隅にある電話が鳴った。四人はビクッっと体を固まらせる。なりつづける中、梓が姉に向かって、
「千鶴姉、で、電話だよ。鶴木屋からかもしれないじゃない」
「そ、そうよね」
「そ、そうだよ」
「早く取らないと」これは初音。楓は黙って千鶴のほうを見ていた。
「う、うん」千鶴が立ち上がって、電話の受話器を取る。「は、はい。柏木ですが……あ、あの、どちら様でしょうか?」
 三人が固まった。千鶴は今にも卒倒しそうだったのを懸命にこらえて話を聞いている。
「……はい、確かに耕一さん……柏木耕一は、私達の従兄弟ですが……あ、あの何か?」
 初音が震えていた。自分達の両親も、そして耕一の父親、つまり叔父すらも失って、次は四人にとって、最後のかけがえのない存在になっていた耕一すらも失うのか。あのとき、両親を失ったときは叔父がいてくれた。叔父を失ったときは耕一がいてくれた。では耕一がいなくなったら?
 震える初音の手に楓の手が伸びた。
 「大丈夫」
 楓がそういうと、初音はうん。と答える。二人の様子を見ていた梓が二人の肩に手を回した。「楓の言う通り大丈夫だって。アイツは殺しても死なないやつだし」
「そうだよね!」初音が答えて、楓もうなづいた。
「あ、はい、はい……」千鶴が受話器を置いた。
「なんだって千鶴姉」
「千鶴姉さん」
「千鶴お姉ちゃん」
「遺体の身元確認に誰か来て欲しいって……」
「そ、そんな……ウソだろ」
 四人によみがえるあの悪夢。千鶴はフラフラと立ちあがって、「私がいくわ」と皆に告げた。
「部屋で用意してくる」
「私もいくよ!」「私も」「私だって!」三人の声に千鶴は首を振った。
「ダメよ。三人とも学校があるでしょう……私が行きます。いいわね?」
 有無を言わさない口調。千鶴がそんな口調をしたとき、それは柏木家の中で決定されたにも等しい。
 その時、再び電話がなった。梓が電話口に駆け寄って受話器を取る。
「はい、柏木ですけど……」