Day by Day

日々是与太話


Top Page][過去の分はこちら

ご意見ご要望ご質問がある方はこちら


 

 

8/29 空を見上げ。

「俺たちは宇宙を冒険したいわけじゃない。好きなように使いたいのだ」−「遥かなる星」 佐藤大輔−

祝H2Aロケット打ち上げ成功。願わくば、あの光の先にある世界が、自分の生きている間に世界の一部とならんことを。

昨日のココでふれた、(らしくない話)
クルーグマン博士の日本経済問題に関して、大石英司氏はいささか懐疑的というか、疑問を提示(8/29)。無論、明確な数字を挙げてとかそういうわけではないが、そこらへんは人それぞれサイトを検索してみるといいかも。
大石氏はバブル前にバブルの破綻とその後の政治状況を予言していたりしていることがあるから侮れない^^;。一応参考にしてみるのもいいかもね。

一言なので、bk1リンクはないです。
「YASHA」10巻 吉田秋生 小学館
物語もジミーに動き出しつつあるような、ないような。なんとか「BANANA FISH」とは毛色が違ってきたようなカンジがはっきりしつつあるような。ともかく、吉田秋生の作品はまとめて最後まで読まないとなぁ。

8/26 備忘録

Zガンダム(再評価としてのZ)。
 友人Kとファミレスでちょっとした話があったので、それについて思ったことを忘れないようにするための備忘録がわりとして。
 DVDも出るようでなんだが、当時も今でもあれば「失敗作」だと思っている。何しろ、ストーリーは破綻してる、キャラは整理されてない(フォウとロザミアは1人格でいいだろぉ、とか、カツが意味不明とか)、MSのメカデザインはZ→ZZとひどくなる一方だし。もともとZの副題が「逆襲のシャア」であったことを知っている人はどれだけいるのか。ところが、クワトロと名乗るシャアは、当時のシャアではなく、決して強くない金色の百式(当時、クワトロがアレに最後まで乗るとは思っていなかったのは自分だけか?)に乗り続け、Zラストあたりでは、ハマーンやシロッコに散々な目にあう始末。ガンダムがそのラストで人の革新を歌いながら、ZとZZではその挫折を招いている。それは何も話だけではなくて、その他もろもろについてもそうだとは思う。
 ストーリー上やキャラの問題点は富野監督がZに関して語っていることは少ないのでなんとも判断ができない。それでもシナリオライターがコロコロ変わっていたのは事実だし、そのせいで脚本のレベル低下を招いていたし(監督自身、1話でファーストの1話を超えることができなかったと書いていたな)、それはアニメーションでも言えた(当時、アニメーターの技術が低下傾向で、CCAで富野監督がレベルの低さに嘆いたという話は聞いたことがある。低下しているのは今でもそうだが)。
 混乱のきわみにあったデザインについては、多人数によるデザインワークをそのままに設定に組み込んでしまえばよかったのだと思う。Zのデザインは藤田氏がやっていたが、確かにあれは良き正常発展だと思う(何しろ、連邦ではなくアナハイムのデザインだからね)。ドムのデザインをうまく取り入れた永野氏のディアスや、永野版Zとしての百式だって途中まで設定に美味く組み込んでいたのだ。ただ、おしむべくはデザイナー間でのリファイン作業に一貫性がないせいで、最後のほうになればなるほどデザインが混乱していったのだと思う。折角豊富なデザイナーを揃えたのであれば、そのデザイナー達を設定にちゃんと組み込めばよかったのになぁ。自分なら、連邦のデザインは旧作をなぞらえるものには大河原氏、アナハイム系は藤田氏&永野護氏、シロッコ(ジュピトリス)は小林誠氏で統一してしまえばいいと思っていたら、カトキハジメ氏もデザイナーの一貫性のなさに同じことを書いていたのを発見して、ちょっと自画自賛(笑)。しかし、本当に惜しい話だっただけに口惜しい>Zガンダム。続いてガンダム・センチネルについても・・・と思ったけど、長すぎるので割愛。

やめにしたいと書いたんだけど・・・・・・。
星雲賞のSFコミック部門に「度胸星」がノミネートされているのをみつつも「CCさくら」をえらんだような萌え至上主義のヤツらは逝ってしまえっ!(独断と偏見に満ちた意見)

良い子の経済小噺。
どーして日本が不景気なのか、ついでに小泉首相の聖域無き構造改革は成功するのか。それじゃ一体全体どうすりゃいいの?ということを聞かれたときに割にわかりやすく答えられる(かもしれない)、「暗闇への跳躍 クルーグマンによる日本の経済政策批判」はどうでしょう。「経済を子守りしてみると。」。無茶苦茶なんだし、こんなの実際やられたら洒落にならないと思うんだけど、確かに特効効果はありそうだとは思う。一番気にかかり、色々と考える一文は次のこれでした。
−−−引用初め
関連の論争について知りたい人は「クルーグマン AND 構造改革 AND インフレ」を検索してみよ。議論を追うときに注意すべきことは、証拠と論拠に基いた推測によって議論を進めずに“実感”に頼った議論をする人たちを信用しないことである。
−−−引用終了
(下線および強調部分はホームページ作成者の付与部分)
 いや、テレ朝の番組で「二十歳すぎの若造が、この仕事で三十年やってきた自分に向かって指図しやがる」という官僚のご意見が耳に残ったので。ああ、確かにね。わが身を振り返り、自戒とします。
 っていうか、こんなの小泉首相絶対できそーにないよなぁ。一発で支持率急降下決定だし。そういえば、大石英司さんのところでも、この仮想インフレについてひとつ話していたような。

8/25 Last 1Hour. Last Year.

ビックリ。
Mailチェックをすると、さる作品の作者から丁寧なMailが。驚きつつも、当時の自分の書いた文章を読みつつ、結構冷や汗を掻いてみたり。返事はちょっと推敲してから・・・・・・。

「キス・オブ・ザ・ドラゴン」を見る。
リュック・ベンソン・プロデュースの、「ニキータ」「レオン」に続くアクションもの・・・・・・。というわけで公開初日に早速見に行く。主人公はジェット・リーで、好感持てるのだが、なんだあの脚本の薄っぺらさは!? 「レオン」は、ジャン・レノとナタリー・ポールマンの二人の威力でぐいぐいと突き進む迫力があったが、今回は中国の捜査官役のジェット・リーはともかくとしても、相方のブリジット・フォンダにインパクトがなくて、ストーリーに深みが生じない。確かに、相手の女性が子持ちの売春婦という設定は、まぁフランス映画にありがちなのだが・・・・・・大体「オフィシャル・サイト」を見るまで、中国政府からの援護もなく。って、そりゃロッカーに無造作にサブマシンガン仕込んで、それが援護かといわれると頭をかかえるのだが(ネタバレ反転してます)ぐらいじゃなぁ。大体そんなの作中で示唆もされてないし、消化不足じゃないか?・・・・・・。毎度お馴染み、リュック・ベンソンらしい、ブチ切れた敵役も単なるはた迷惑なヤツだしなぁ。ただ、アクション・シーンは、ジェット・リーらしくワイヤー・アクション?と思いきや、スタンダードなカンフー・スタイルで小気味よく展開して面白いですね(とはいえ、ラストバトルのマトリクス→ブルース・リーらいくな手でくいくい。ってなやり取りを何回も繰り返すのはやりすぎ)。あとは、ハリウッドのアクションものとはまた一風違ったカメラワークはさすがというか、なんというか。というわけで、良作なんだけどもう一息というカンジでした。正直なところ。

その帰り。
10年ぶりに映画前売り券、そう、カウボーイ・ビバップ「天国の扉」の前売り券を購入(^o^)丿。いやぁ、若い、若いよ、ヲレ。携帯ストラップをオマケにもらうが、どうしたもんかのぉ。

そーいや。
あと数時間で、20代最後の一年に突入です(>_<)。

8/24  in the Blue sky.

あ゛ー。ちょっとここんとこ更新サボってました。
本当は数日前のニュースステーションを見つつ、アメリカの弾道ミサイル迎撃なんてそりゃうまくいくはずないだろ、やっぱ確実なのは先制攻撃ですよ、パールハーバーよろしくチキンな奇襲攻撃が一番ですよ、湾岸戦争だって奇襲のわりには真珠湾をだと汚いだの、チキンシットな攻撃だの、本当は機銃掃射なんてしてねーくせに零戦がバリバリ地上を攻撃してしまう事実無根ぶりなあのヘタレ映画をどう貶してしまおうかと思いつつも、外交が大切だとしたり顔で論評するテレ朝の解説者にははぁ、50年前に英国にいたチェンバレンという首相もヒトラーに向かって穏和政策に当たってあの始末でしたなぁとか思ってみたりもするが、友人Kに言わせると、あれで稼いだ時間で駄っ作機王国の英国がスピットファイアの実戦配備にこぎつけたんだから、それはそれで思慮遠謀だったのかもしれぬという意見にもうなづいてみたりもする。それにしたって、英国のスピットファイアが一万機ってあんた、日本で生産数第二位の隼でさえ二千機程度ですよ、こりゃ国力が違いすぎる。ってな話とか、あのロリペドヘタレ二人組の誘拐事件はともかくとしても(鍵者ではないので^^;)、日本SF大会で星雲賞コミック部門に「CCさくら」が選ばれるという、なんともはやヘタれさ加減についても一くさりコメントしたい気にもかられたりもするのだが――やめにしました。ええ、もう。とはいうものの、「ガンパレ」の授賞は喜ばしいことですね、いや、本当に。

札幌の空は――
限りなく高いよ。ってな歌があるんですが、はて題名は? まぁ、いいや。というわけで台風一過の突き抜けた青空の下、自転車で快調に会社まで。やっぱいいわ。自転車わ。

読書色々。

「ジャジャ」1巻(えのあきら/小学館)
[bk1]
私は、そんなに二輪の知識は深くないのですが、それでもそれなりに面白い。知っているとなおのこと面白いのかもしれません。Nikeさん、どうですか?(完全私信モード)。えのあきらさんのH系ではない話ははじめてですが、この人の書く女の人はすごい好みなので、実はこういう普通少年(青年?)誌に出てきたことは正直嬉しいのです。あ、でもやっぱりHシーンはちょっとぐらいは欲しいなとか思ってもいたりして。

「ダンデライオン」1巻(落合 尚之/小学館)
bk1
ネットワークに存在するダンデライオンと呼ばれる意識に巻き込まれる主人公達・・・・・・。丁寧な画風と、緻密な設定とあいまって実はサンデーGXを購入しつづけた理由の一つがこの作品でもありました。アクション・シーンは小気味いいです。2巻が出たらReviewで取り上げようかなぁとかいろいろと。

8/19

爆睡。
してました。不健康極まりないですが、時に人は不健康だとわかっていながら睡眠を取り捲らねばなりません。ここ数週間の極度の睡眠不足がこれで解消されたわけではないにしても、ちょっとは回復傾向になった・・・・・・と思いたいです。24時間中5時間ぐらいしか起きてなかったような。ま、いいけどね。

サイトデザインとか。
kayazakiさんの[rucola]がデザインを一新。むむ。先手を打たれたか(そんなわけはない)。そうではないが、閉鎖したばかりのBBSの復活なども含めて最近ちょっと考えてます。って、いやホント(笑)

それから。
「Review」に追加。ようやく購入なった「LAD:UNA」(伊藤真奈美)を追加です。今月はReview推進月間ですよ(ニガワラ。

公開私信。
話の途中で終ってしまいましたが(申し訳なし)、忘れていたわけではないのです。ただ、考えないようにしていたという点では同じ意味ですね。ちょっと我が手をのぞき見る(意味不明)。

8/17

「Review」に追加。「エンデュアランス号漂流」です。
ボケてるのか、同じ雑誌を二冊買う羽目に。ああ、鬱だ。なんか最近低迷中です。古本屋で通販を頼むと、一番読みたかった本だけ在庫切れときたもんだし・・・・・・。不貞腐れて寝ます、もう(苦笑)。

8/14

ビデオ。
「アヴァロン」「コヨーテ・アグリー」と立て続けに見る。「アヴァロン」に関して言えば、押井守らしいなんとも胡蝶の夢的な、無限ループ世界なんだけど、なんつーか、このカタルシスの求めている場所が違うっつーのか。
「コヨーテ・アグリー」はシンプルなサクセスものなので、バーでのブチ切れダンスのあたりが気に入るかどうかがミソかなぁ。自分はちょいとダメでした。でも踊り上手そう。

と言ったところで。涼風を求めて。
午後。部屋の中にいるとジリジリ暑い。そりゃ暑いだろうなぁ。家の中では風も動かないからな。というわけで、バッグに小説などを放り込んで自転車を持ち出した。家の中ほど外は暑くない。風もあるしね。
札幌北大前にある秀岳荘へ行き、自転車用のバッグを物色。エディーバウワーのディバッグでは背中が蒸れて困るんだよなぁ。というわけで色々。ジャック・ウォルスキンかなぁ。とか色々と思うが、「欲しい」と思うものは特に・・・・・・探し方がわるかったかな。
そのあと、北大構内をぶらぶらーと流す。こりゃいい避暑だ。鬱蒼と生い茂る原生林を抜けて、キャンパス内にひっそりとある小川、池。レストランも予想外に品が良かった(失礼)。木陰にそよぐ冷たい風をうけながら、ポプラ並木を見る。ははぁ、ガキの頃知り合いの北大生に連れられてみたときは周囲は何もなかったような気がしたんだが。
森雅裕氏の著作「あした、カルメン通りで」では、札幌が舞台となり主人公?の二人は、北大構内のポプラ並木と学食でシリアスな話とジョークを飛ばすのだが、もうあの当時の雰囲気とは違うんだろーなーとか色々と思う。
北大キャンパスも、それまでの古臭い作りのコンクリートから打ってかわって近代的なビルや設備が立ち並んできた。それがいいのかわるいのか。ともかく、今の調子で原生林を残しておいてほしいが。虫には閉口したけどね(笑)。倒壊の危険性のあるポプラ並木の下をMTBにものを言わせてグイグイと進む。いやぁ、いい気分。
およそ1時間近くぶらぶらとしてから、木陰に止まって「エンデュアランス号漂流」を読む。この夏場の暑い時期に読むのは、南極で遭難した事件の顛末だからして、なにがなんだか。
なんつーか、有意義な夏の一日でした。こういう余裕っていいよなぁ。と夕暮れ空を眺めながら帰途につく。本音を言えば、焼肉だのなんだのでリバウンドしかけた体重を元に戻すのもあったんだけどね(笑)

8/13 色々改変。

休みだっていうのに。
友人と七輪囲んで焼肉やいてたり、なんというか人並み程度の夏を過ごしております。なんというか、ようやく札幌も夏らしくなってきたようでなによりです。
この時期、皆さんPCの前から離れるようでアクセス数が微増という形になりますので、これ幸いと(笑)サイトのほうを若干手直ししました。
 コンテンツの重複があったので、RealLifeで取り上げた「タイガー計算機」を「My Favorite」へ移動しました。内容の追加はちょっと間に合わなかったので見送ってますが。また、従来の予告通り、BBSのリンクを外しました。書き込んでいただいた方、どうもありがとうございました。試験運用ってところだったので、また機会があれば、復旧するかもしれませんが。
 サイトの構造自体も今、「WebSiteデザインNo1.」(技術評論社)のカラーガイドを横目でにらみつつ考えているところです。B-Sideも復活させようかなぁ。とか色々と構想だけですが、まぁ、そういうこと考えているときが一番楽しいので・・・・・・。

時節柄というか。
政治ネタは毛頭扱うつもりはないですが、「靖国神社」はこの問題を考える上で目を通しておくことをお勧めします。というか、自分の記憶用ですけど。

Reviewに取り上げないとしても、色々とやってみようってなところで。
「暗闇の戦士たち」(マーティン・C・アロステギ)朝日文庫 [bk1]
特殊部隊を扱った書籍はそれこそ色々なもので出ています。もうそれだけで、軍事関係の1ジャンルとしてもいいかもしれません。この本では、特殊部隊が作られ始めたWW2からの流れを兵士達の視点で描いています。しかし、特殊部隊といっても小説や映画で描かれているように無敵の戦士というわけにもいかず、湾岸戦争でのスカッド狩りに参加した米英の苦闘なども描いてます。無論、特殊部隊に懐疑の目が向けられたイラン大使館救出も、ですが。しかしこれを見ていると米軍も結構特殊部隊の扱いに難儀しているようですね。英国はありあわせの装備と人材で立ち上げ、米国は潤沢な予算をもって最高の装備と人材をまとめる。フランスは独自の手法でまとめ始めるが、どうも普遍性というかかゆいところに手が届くのは英国の手法だったり。というのが、なんというか、もう(笑)。というわけで、装備のすごさがわかるわけでもないですが、特殊部隊に所属する兵士や指揮官たちの考え方や訓練のすごさ等を知るにはいいテキストかもしれません。そして、戦いの現実も。意外だったのは、湾岸戦争の時のシュワルツコフ将軍(米軍指揮官)が特殊戦が嫌いだったってことですか。そーか、生粋の正規軍上がりだしなぁ。

他、Reviewに「暗号解読」を追加しています。やっぱり、イギリス軍って荒事やってエニグマのコードブックを手に入れてたんですね^^;。というわけで、前回の書き込みは訂正しないとな。

8/11 アイタタ。

休みなのですが。
街に出て、いろいろ物色してました。「LAD:UNA」は一向に見つかりません。どういうことだ?もう全部売れたのか?オンライン書店から購入しようか検討中です。その他、色々と。とりあえず読破してからReviewで取り上げるかどうするか。というぐらいですか。とりあえず購入したのは、「暗闇の戦士たち」「エンデュアランス号漂流」、「ナポレオンと元帥たち」、Webデザイン本、VBmagazine、他同人誌とか色々です。えっ、脈絡ない? いや、こんなもんですよ、はい。「エンデュアランス号漂流」は以前ハードカバーの頃から欲しかったので文庫落ちして大喜び。「ナポレオンと元帥たち」は、価格が千円とかなり薄めの本ですが、ナポレオンの下で生まれた元帥号を持つ将帥たちのなんともはや、な評価が面白いですね。ルイス・ニコラ・ダヴー元帥についての資料(最近、この元帥に関する情報を集めてます^^;)として購入。

とりあえず休みの間計画しているのは。
1.サイトデザインの見直し。コンテンツの整理、です。トップページをリニューアルしてはや半年ですが、ちょっと小規模な修正を行おうと考えてます。どうなるかは未定ですが。

申し訳ありません。
8/9分で紹介した「JIN−仁−」ですが、タイトルを間違えていたのでここに修正します。恥ずかしい。
「暗号解読」。ようやく、ドイツ軍のエニグマ暗号機に関する記述へ。へー、でもこれを見ると映画「U−571」のドラマって、結構無駄足踏んでいたような気がしないでもないのだが^^;。

8/9 夕焼け空で。

ママチャリとは違うのだよ、ママチャリとは。
ということで、自転車購入して嬉々として通勤に使用中です。会社の諸兄に言わせると「金の無駄遣い」「すぐに盗まれるさ」とか散々ないわれようなのですが、まぁ、好きなもんはすきだしぃ。というわけで快適です。いいよ、サスは!(笑)。今年の春先から行っていた生活サイクルの見直しによって、体重にして1年半前に戻りつつあり、ウェストや首周りに如実に影響が出てまいりました。なにしろ-5オーバーの勢いですから。ウヒャヒャ。こりゃダイエットにハマる人の気持ちもわかる。とはいえ、3食を抜かしているわけでもなくちゃんとバランスをとって量を落としているだけなのですけどね。あとは片道20分程度の運動がきいているのでしょう。まぁ、どこで安定するか楽しみではあります。

そんなこんなもあって。
たまに早く帰ると夕焼けが綺麗なのなんのって。久しくこういう光景見てなかったなぁ。と一人感動しつつ自転車で帰るある日の出来事でした。

読書は。
「暗号解読」(サイモン・シン)を読破中。確かに前作の「フェルマーの定理」ほどではないにしても安定した面白さ。でもまだ半分もいってないです。「LAD:UNA」は一向に見つからず。盆休みに探しにいくことにしました。
「JIN−仁−」村上もとか 集英社
買おう買おうと思ってようやく手に入れることができました。現代の脳外科医が、幕末にタイムスリップしてしまう。その時代は、人々が今では考えられないほど簡単なことで命を失う時代。主人公は、自らの技術をもって江戸の人々を救おうとするが――。というわけで、作画もハイレベルで安定しており、医学ネタも当時の技術で行えることをベースにしているため、麻疹のような今では比較的対策が取り易い流行り病でも、人々はバタバタと亡くなっていく。主人公が取れるのは対処療法のみというかなりしばりの利いた物語ですね。というわけでこれからも期待してます。

 

8/5 赤月夜の下で。

Z。
新車を買いました。と言っても車じゃなくて自転車です(笑)。今年の5月からスタートしましたが、もうハマっていて、とうとうMTBライクなクロスバイクを購入しました(グレーゾーンな物言いで申し訳ない)。フロント、リアサスがついているのと、アルミの銀地がかっちよぇぇ。ついでに軽いしね。
 まだ色々とカスタマイズする必要がありますのが、ともかくチェーン・カードを購入する必要(でないと、パンツの裾が汚れるから)があったので、近所の自転車屋まで持っていくなり店の親父が開口一番。
「こりゃ合わないよ。だってフロントのパイプの形がヘンじゃない?」
 カチン。
「やりもしないんですか。ならいいです。部品だけ購入してあとは自分でしますよ」
「・・・・・・そりゃいいけど、返品できないから」
「たかが1200円ぐらいでどうこういうつもりもないです」
 というわけで、半ばブチ切れかけつつ部品を購入し、自宅で部品形状を確認。確かにフロントの部分が変形した四角形のようなフレームだが、無理じゃないだろ。と思っていろいろペンチ等を持ち出し形を合わせ、とりあえず固定に成功。これでダメなら水道用の固定器具と張り出し部分をありあわせで作りこむぐらいさ。
 それにしたってヘタれた自転車屋め(-_-メ)。細工もしないでバカなことを。

で、その話を。
別件で友人Wがいる電気屋で商談したついでにいうと、笑いながら「絶対お前って金の使い道ヘンだよ」
 自覚してるよ。でも、金ってリソースが決まってるなら、せめて自分のやりたいようにやるし、今は自転車乗ってるのが楽しいからさ。道楽者(ディレッタンティスト)の道でも歩むさ。

今日の読書。
「最強戦艦 魔龍の弾道」2巻 林譲治 学研 [bk1]
昨日に引き続き、林譲治氏の作品です。まぁ、この作品。林譲治氏らしく、前提条件を書き換えた場合に起こる波及効果と、しおしおな社会状況、そしてベストを尽くす技術者。という要素がこの作品にあって、その中で今回、「史実の大和の主砲以上の破壊力を持ちながらもその小型化に成功した場合は?」(ちゃんと物理的な整合もあるでしょう)から、日本海軍がとった史実の大和よりも小型で、高速な大和級が誕生し、戦争に突入するまでを描いています。機動部隊はその潜在的欠陥があきらかになり、大和級戦艦には足かせとなる要素がちゃんと提示されます。いや、本当に面白い。架空戦記としてハイアベレージな作品になっております。

8/4 空を見上げよう。

うーん、なんかなぁ。
色々と手をつけたけれど、いろんなものを終わらせてなくて頭が痛いので、ちまちま片付けていこうと思ってます。bk1へのリンクはちまちまと張っている最中ですし、ちょっと過去の作品にも言及していこうかなぁ。さて、それはいいんだが、いつやるよ?

Jリーグ・オールスター
あんなもんですね。スッカリさびしくなった面々だけれど、次のメンツが出てくると思えば我慢できますな。

明日以降の予告?
「暗号解読」(サイモン・シン)を購入。分厚いハードカバーは読み終わったあと途方に暮れるのがわかっていても、前作の「フェルマーの最終定理」がすごく面白かったので、この話にも期待している。

8/3 たとえみても。

そこにはある種の。
最近思うところあって、某サイトの某場所をワッチというか、定点観測してます。ネットの世界は、リアルな世界の延長線上であり、なんら仮想ではないと自分では思っていますが、なにがしか先鋭的とか抽象的なものになりそうなものがあって、その最たるものはMailやBBSのやりとりなのかもしれません。そういった意味でここ一週間ばかり定点観測しながら、結構考えたり笑っていたりしてました。
 日記やコンテンツの内容によって、他者から叩かれることもあるでしょう。Mailの返事が来ないと嘆くときもあれば、BBSでレスをつけてくれないということもあります。当人の文章力のなさかもしれませんし、相手が乗ってくれないだけなのかもしれません。
 結局、形はどうあれコミュニケーションなのですから、一番肝心なのは何を相手に知って欲しいかを考えることなのかもしれませんが、さらに肝心なのは、相手はそれに答える義務もないし、好意的反応をしてくれるわけではないということを知ることなのではないでしょうか。
 往々にして人は自分(だけが)これだけのことをしているのに、相手が答えてくれないと非常に強い不安感、不信感を抱くことがありますね。答えてくれれば嬉しいですが、答える義務はどこにもないのです。それは、結局のところ、人付き合いという問題の難しさに収束するのかもしれませんね。
 というわけで、そういうことをつらつらとちょっと考えてみた札幌の寒い夏の日でした。本当に天気悪すぎです、今年。

今日の。
「暗黒太陽の目覚め(上)」 林譲治 ハルキ文庫
前作「侵略者の平和」から50年後の世界で、色々と妙なことを始まっている。という展開でしょうか。前作で不幸なファースト・コンタクトものだったので、今回はどういう手でくるかと思いきや、今度は正調SFとして仮想現実+平行宇宙+(ネタバレなので)というカンジですね。バックボーンの世界観が確立されていて、色々と明かされていないけれど緻密な設定があるのが読むと感じられます。今回はそういったところもコミで結構面白く読めました。Reviewに取り上げるのは(下)が出てからにしますけれど。

8/2 ありふれていても。

興ざめ
サイトを回ると、バナー広告があるときがあるますね。べつにいいんですけどね。個人で収益が上がるサイトがどれだけあるかは存じませんが。しかし、ビックリしたのはあるフリーBBSをレンタルしている会社ですか。まるで脅し文句のような契約事項。トップページにリンクをはれとか、まぁ、なんというか商売より前に悪感情を抱かせるに十分です。管理者にMailで送れば済む話を、そういうことを掲示板に強制的に大きく表示するのはいささかどうかと思いますが。ま、もっとも自分ならレンタルでそんなかまびすしいところを使うぐらいなら、cgiもOKなプロバイダでちょちょいと掲示板を立てればいいだけではないのかなぁ、と思ってみていたりもします。
 そーいや、広告バナーを入れている評価サイトもありますが、広告をいれてから、本当にサイトチェックする回数が減りました。幻滅したし、当てにしないということですけど(ピンとくる方もいるかもしれませんが)。他人のことを批判するのであれば、その前に自分の行いも正してみないとね。いくら広告サイトとの関係がなかったとしても、あの行いはどうかな。あ、待てよ、「俺の書いていることも信用しないで色眼鏡で見てね」っていう意思表示なのかもしれませんね。

今日の読書とか。

週刊サンデーの「ファンタジスタ」。最近、ばりばり面白くなってきたサッカー漫画だなぁ。ユース編も終了。しかし、先先週見せたマルコ・クォーレのプレーって、まんまイタリアW杯で、マラドーナが対イタリア戦で見せたやつのような気もするが(2chでも指摘されてないなぁ)。さすがにあの時は、ループシュートは撃ってませんがね(笑)。次週、もう1クッション置いてから、高校サッカーに戻るのかなぁ。ともかく楽しみな作品です。あのすべった仰々しい解説さえなければ(笑)。いや、それも味といえば味か。

「ひまわり」 ZERRY藤尾 笠倉出版社
あー、H系の中で自分が好きな作家の一人です。といってもHネタで、とか絵のキレイさで。とかそういう意味ではなくて、なんというか引き出しのヘンさ加減という点で、ですけどね。
ここんとこ自転車好きになったので、ようやく小ネタの一つが理解できましたけれど、結構ネタを散りばめているタイプですから、そこのところに気が付けば色々と楽しめます。いい作品でした。

8/1 それでも前へいこうかな。

色々ヘコんでましたけれど。
なんとか復調傾向です。ウジウジなんてしてられないっスよ。責任はとるけどー(謎)ってな言い回しはおいといて。

過去を遡っても。
Niftyやらなにやらのインターネットやらの環境があまりに最近不自由なので(Niftyのアナログ回線があまりに不安定すぎ。アクセスポイントのデータを見ると一番アクセス頻度が低い場所なんだけど、途中でデータが流れてこないときたもんだ)、メールとかの整理を始めて新しいプロバイダを登録しようかと思っているところなんですが、メールのチェックだけで2時間費やしてました。いや、当時の交友関係やら当時考えていたこととかを色々思い出してみていたりして、タイムマシンモードに突入してましたよ(苦笑)
でも、もう手に入らないんだな。ちょっと悲しくて、そして笑ったりもしたけれど。ま、きりきり行くさ、ってなカンジです。

ようやく通常運転かなぁ。
「ヤングキング・アワーズ」9月号。
やはり、アニメ化で勢いのある「ヘルシング」(平野耕太)のあまりのはじけっぷりが最高ですね。黒をバックに続く少佐の延々と続く独白。かっこいいっす。どうしようもない戦争オタク(ウォー・モンガー)が語る戦争への誘いというところですか。
「快楽天」9月号。
「LAD:UNA」(伊藤真美)の単行本がようやく出るのでバンザイ三唱。って、もう出てるのか? 本屋でみかけてないぞ。ともかく、物語が結構複雑な様相を呈してきたので注目してます。単行本で一気に読むのが最適かな。

「なつのロケット」は、Reviewへ。[bk1]リンクは明日、改めてつけておきます。