Day by Day

 

不定期だし(最近そうでもないけど^^;)日記というよりはかなり与太で駄目駄目な話が多いっすけど、定番ですから(笑)

 

諧謔と矜持。もしくは、伊達と酔狂。

それは人生を豊かに出来るエッセンスの一つ。

身に付けるにはどうしたらいいと思う?


Top Page[過去の分はこちら

 

8/30 夜風にぶらぶらと。


 いつも感心するのは、毎日更新している文章系サイトの、それもああいうセンスのいい言葉使い。ああいうのを書くのにどれだけ時間かけてんだろう。時間をかけても読みづらい、自分の悪文家ぶりにはほとほと頭を抱える日々ではある……(*_*)。

 

 ・盆も過ぎて残暑が幾分残っているけど、札幌の朝の風は十分に秋の訪れを感じさせてすごしやすいです。ここから9月〜10月、札幌でも4月〜5月ぐらい同じように過ごしやすい時期が始まりますなぁ。

 

 ・アディダスのサッカー用サンダル購入。もともとはシャワールームとかで使うやつなんだけど、そのデザインから外で履いてもOKって奴です。近所のコンビニ言ったり、散歩するにはこの季節、素足にサンダルってのも十分気持ちがいい。夜風に吹かれてぶらぶらと歩いてたりしてます。¥2700円ナリ。

 

 ・ThinkpadX20発売。B5サイズ?の560直系モデルで、とうとうThinkpadもレガシーデバイスを切り捨てたとのこと。iシリーズは残すというが、どうもiシリーズはなぁ^^;。クルーソー搭載のB5サイズThinkpadは、このあとに出るのだろうか。過剰な期待をしているわけじゃないけど、省電力で軽くて持ち歩けるのなら、レガシーデバイスは切り捨てていても十分OK。家じゃプリンタなんて使わないし、もし使うならきっと新しいUSB対応のを買うだろう。というか、母艦も用意するしさ。

 

 ・フリクリ3巻を見る。いやっほーっ!ウテナの榎戸氏が脚本家しているだけあってまたも出るわ出るわ、”意味深なクセに実は意味がないかもしんない?”的展開。感心するのはサブカルっぽく、アングラっぽくみせようってことじゃなくて、監督の鶴巻氏達が見せる、あの妙なところにセンスというか、カッコよさを感じる構図だったり、ショットだったりするわけで、本当に四の五の考えず、そのハイスピードな展開とセリフ回しと動きと構図とBGMに感心してりゃいいわけっす。今回は、委員長なイナモリが主役なんだけど、まぁ、気丈な女の子をうまく表現してていいんじゃないっスかねぇ?(笑) 

 ガイナックスのいやーんな話は色々耳に入ってきたけど、少なくとも面白い作品を作り出している限りはある程度評価しないとね。問題はいつまで続くか、だけど^^;

 

 ・またまた本を買うが、一向に読む時間も、Reviewに取り上げる時間もとれないいいっ(*_*)。というわけで、簡単に。一部はReviewに再録かな?

 

「YASHA」5巻(吉田秋生/小学館)

 最初は極々素直に、アンダーグラウンドな世界が舞台だった「BANANA FISH」を、今度は日本でやろうって魂胆か?って思っていたけど、ある意味ますますその気配は強くなっているなぁ^^;。シンも出てきたし。って、あれ、シンなのか?。じゃ最近日本人女性と結婚したって、あの子とか?(ここらへん、「BANANA FISH」を読む必要があります) 義兄も死んだっていうし、やれやれ^^;。それはともかく、「BANANA FISH」と違う構図があるとすれば、静と凛という鏡面な人物を両サイドに置くことで、より対立の構図をはっきりさせたこと。十市がどれだけ物語に食い込むか、まだ不明瞭ってとこですが。どうなるか?

 

「Chat shit One」2巻(小林源文/ソフトバンク)

 アメリカ人がウサギ、ベトナム人はネコ、ロシア人はクマ、中国人はパンダ、フランス人は豚^^;、日本人はサルに姿を買えてベトナム戦争を見せるこの話。なんというか、極悪な悪意を感じないわけでもないですが^^;、たとえばかわいらしい動物に姿を変えたとしても戦争の本質は変わらないわけで……なんて、評価は一切なしにしても、源文的戦争世界が広がっています、今回も。で、あとがきにも触れられているように、ベトナム戦争当時に果たして陸上自衛隊の一部(空挺)の隊員が参加していたとしても、まったくもって驚きじゃありませんが(真偽はどうであれ)、それが今では明かせるかというとそれは疑問だったりするのです。この国の一部の人たちの世界観というのは恐ろしくシンプルで、あげく自分を善人だと信じていて、なおかつ正しいことをやっているという意識があって、ついでにいうと誰も信用してないくせに信用しているフリだけして、そのくせ声だけは大きいって厄介な人たちですからね。何言い出すものやら。

 

「扉をコジ開けて」(ZERRY藤尾/笹倉出版社)

 えーっと、18禁です^^;。実は絵柄もストーリー展開も毒があって結構気に入っているのです、この作品^^;。ただ、買うのには躊躇しましたが。カバーイラストまで悪意に満ちてます^^;。ストーリーですか? 優等生の菱見は同様に外面だけは優等生(そのくせ結構ダーク)な村松になんのかんのと肉体関係を結ぶ羽目になります。よしゃいいのに、村松のことを好きなせいで^^;、村松のやることなすこと、イヤがってるんだけどイヤじゃないって(必死に内心で言い訳したり、肯定してたりしている菱見がなんとも^^;)とこが面白いというのか。ラストも、なんというか悪意と諧謔にとんだ終わりかたして中々いいカンジ。最終話、村松からみた菱見に対する感情が暴露されて、なかなかいい感じでした。

 

 

 

8/29 ちょっといい話


 ちょっとした話。
 リンクのリンクネタで恐縮だが、たとえばあなたが形はどうであれ、何か事を成し遂げた人物だとして、もう一度何かを初めてようと決意するが、相棒がいないとする。で、その相棒を探すのだが、それもこともあろうに17歳の女の子をえらぶはめになったとしたら、どうするだろう? ついでにいうとその女の子が・・・・・・だったりしたら?
 このリンク先にあるバンド、SPANK HAPPYのリーダーである菊地氏はまさにそういう羽目に陥るので
ある。つーか、全然このバンドを知らない(自分がそうだ!)人でも、ここをクリックして、その抱腹絶倒、艱難辛苦、因果応報?いやいや、転八倒というか、なんとも形容しがたい日記を読んでみてほしい。申し訳ないがここ数日、結構つまんないことやらなにやらで煮詰まっていたが、読んだ途端に個人的ツボにはまって噴出してしまった。特に1999年5/31日のくだりは最高です。
 SPANK HAPPYのホームページを見てみるが、どうも写真の女性がこの相方の女の子らしい。確かに眼鏡っ子である種凶悪ではある^^;。曲を聴くことはおそらくあるまいとは思うが、こういう人生送っている人もいるっていうのはある種、救いのようなそうでないような。どう思いますかね?(いつか自分の書く小説ネタにも使ってやろうとか思う自分も結構業が深いな)

 

 ここんとこ仕事が修羅場のピークを迎えつつあるのでちょっと更新停滞気味です。なんとか、Reviewとかをあげていこうと思っているのに……。というわけでここ数日買った本だけでも。

 

「カムナガラ」(やまなむらはじめ/少年画報社)

「YASHA」(吉田秋生/小学館)

「モーターロック」8巻(ななし乃与太郎/少年画報社)

「633爆撃隊」(フレデリック.E.スミス著・岡部いさく訳/光人社)

「キノの旅」(時雨沢恵/電撃文庫)

 いったい何時読めばいいんだ^^; 

 

8/27 これだからフランスってやつわ。

 

 「TAXi2」を見る。

 朝一のやつが500円割引なので、眠い目擦って、上映1分前に滑り込みました^^;。

 えー、どうやって説明すればいいのでしょう。やっぱりフランス人は変態だというべきなんでしょうか(笑)。今回もそのナイスバディを見せつける女刑事ペトラのアクション・シーンも出てきますが、おいおい、あんたその前に下着つけてないんじゃないか?という下世話なツッコミは脇に置いて(笑)。

 たとえばですね、海外もののの映画で日本人が出てくると、彼らのカリカチュアライズされた日本文化に対する感覚が見えるわけですが、今回はなんともはや^^;。アメリカと違い、日系人ではなくちゃんと日本人を使っているようで、ブロークンな日本語を聞きながら、やっぱりフランス人って^^;って思うのはどうしたものか。

 イギリス人のジョークはそのつまらなさで笑えますし、アメリカ人のギャグには計算されたもので笑えます。一方のフランス人のジョークってのはどうしても、かっこつけようというか自分達を一段上に置いたようなジョークだと思います。なんとなく、ですけど。

 というわけで、ビデオでいいです、この映画(笑)。冒頭のフランス娘と主人公との電話でのやり取りで笑えるかがこの映画を見れる分岐点だと思いますが^^;

 

 

8/26 Pixyあるいはファンタジスタとよばれる存在。

 

 Jリーグ・オールスターサッカーを見る。

 三年連続監督で敗北という不名誉から逃れたいと思ったのか、EASTの西野監督(柏)は中々”手堅い”チーム編成をする。FWに小倉。MFに中村、沢登という自分好みの中盤を形成してくれて心の中で喝采を送るが、TVで流れたリザーブの選手を見て眉を潜める。おい、ちょっとアンバラスじゃないの?

 一方のWESTは、すべての選手が10番をつける、あのユーゴ出身の気の短い、それでいて、見せてくれるプレーは”ファンタジー”を見せてくれるあの男にボールを集める。

 案の定、その男、ドラガン・”ピクシー”・ストイコビッチは、信じられないプレーを立て続けに見せる。それは、10番不用論を唱えながらも、結局は『天才すら封じ込める組織を破壊できるのは、傑出した天才のみ』という言葉を口にしだしたヨーロッパサッカー界が求めてやまない”ファンタジスタ”そのものだった。

 無論、オールスターというお祭りである以上、プレッシャーはあまり厳しくないという条件はつくものの、そんな批判すら「だから?」といわんばかりの時には鋭い弾道のFK、緩やかな放物線を描くロングパス、意表をつくトリッキーなヒールパスでは色あせる。

 1−1のまま後半へ。EASTは、小倉、沢登をはずし、それぞれツィット、佐藤を投入する。ああ、なんてことを。小倉の確実なボールのタメ、沢登の献身的なバランサーぶりがあってこそ、日本にいる”ファンタジスタ”、中村俊輔も生きるってものなのに。入れるなら、北嶋のかわりに柳沢をいれ、ツィットを二列目にいれるかなんなりして、変造の3トップがいいんじゃないのか? 特に沢登のバランスがないと、明神だけじゃボールを裁いても、厳しいぞ。と思っていたら案の定、WESTにペースを握られる。結果は火を見るよりも明らか。5−2で終了する。ま、こんなものか。

 それにしたって、今年かもしくは来年前期で引退と言われるピクシーのとんでもなさはどうだろう? 確実なボール・テクニック、意表をつくパス、献身的な守り。これで、気の短さが無ければいいのだが、あえて言えば、欠点があるからこそ、利点が目立つというべきか。三回目のMVPをもらうシーンを見ながら、日本にこれだけのビッグ・プレーヤーがいるということと、もうしばらくみていたいという気になるのだが。

 

「深海の悪魔(上)」大石英司/中央公論新社

 下巻が出てからReviewに取り上げようと思うので、ちょっとはしょりますが、中央公論だけあって、あのチームが出てきます(笑)。一体全体、彼らが出てきて役に立つのか、土門三佐がいうように(笑)疑問ですけど、なんかやってくれるんでしょう(笑)。それにしたって、ゼウスの海上版のようですが、どういう展開になるのやら……。

 

 

8/24 疑問

 

 日本アニメはそんなにすごいのか?

 BRUTUSを手にとってそんなことを考える。いや、確かに面白いと思うし、一種独特な世界ではあると思うんだけどさ。なんつーか、この、舞台袖近くにた端役が急にスポットライトをたびちゃいました。つー感じがしてすごいイヤ。いや、言い方悪いか。「ボクって、一流サラリーマンで年収×千万。海外旅行もよくいくけど、やっぱアニメも好きなんだよねー。だって日本のアニメってすごいじゃん。海外の映画だってパクってんぐらいだし。へへへっ」ってな感覚(すいません、偏ってます^^;)がぬぐい切れません。つーか、アニメ好きを自分の稚気の発露として表現することで自分の趣味嗜好が幅広いんだぜ。っていいたいのかーっ?という疑問が。

 

 なにしろ、貴方。渋谷で、レッドショルダーTシャツがうってんですよ。オリーブドラブのTシャツに右肩が真っ赤なやつ(*_*)。どうします?(いや、だからどうだというわけでもないのだけど)。で、BRUTUSのコメントで「色使いがボトムズっぽい」って貴方(*_*)。この脱力感はどうやって表現すりゃいいのか?(笑)

 

 BEST100が紹介されてて、どうにもこうにも。個人的にはレイズナーが無いのと、ペリーヌ物語がないぞ。おいおい、バイファムは?とか、色々あるんだけど、ああ、こんなこと書いてて、自分がいたい(*_*)。

 

 テレ東京のつまんない規制のおかげで「カウボーイ・ビバップ」が屈辱の13話放映となり(ま、そのおかげであのTV版最終話、シャカゾンビの曲にあわせてのラストがあるんで、まぁ、最悪の中の最善というやつかもしれませんが)、ラブひな(すいません^^;)じゃ、タオル巻いてフロ入る始末。表現に縛りがあるってのはどうかなぁ。ビバップは6時あたりだからなぁ。なんて思っていたら、深夜番組まで規制だって?なんてこったい。こんなことで来世紀のアニメはどうなっちまうんだい?って議論はまったく抜けている。アニメ雑誌を見れば、「萌えー」的な論調がああたりを支配し、OVAでは説明不足を演出だと、まさしくエヴァの縮小再生産がはじまる始末。当時、画面から感じることの出来た「作り手の本気」が全然見えないぞ。いや、作っている人には本気なんだと言われそうだけど、それは外部に向かって伝わらなければどうしようもない。なにもシリアスな話が最高だというのではないのですよ。例えばギャグにしたってなんにしたってね。まぁ、自分はあまりリアルタイムで見ることはないでしょうけど。

 ともかく、作り手には受け手に媚びてほしくないですけど、独善にもなっちゃダメよ。という安易なオチですけど、こんなことを考えつつ、峰不二子が表紙のブルータスを見ていたりしてました。 

 

 アウトサイダーであることを自覚して突き進むのと、アウトサイダーな「スタイル」がいいと思うのは違うんだぜ。とか思ったりしてね。つーか、恥じという概念を押し隠すのが趣味人……ってふるいなぁ、こういうの。

 

 あ、あと、空想家電というページを見て、ふんふんと読むが、家電製品のモジュール化かぁ。モダン的ではあるけど、結局それじゃ画一的なイメージをすべての家電に入れてしまうってことにならないか? まぁ、今の家電製品のデザインが優れているとはいえないけど。全てにおいて機能的っていうのは、すべてにおいて適用されるかというとそうじゃないと思うぞ。適材適所というか、機能的とは無駄を省くんじゃなくて、無駄を許容できるかどうか。という点だと思う。この点はいづれどこかで。

 

 

 

8/23 雲と光のシャワー

 

 会社のお仕事の一環で往復600kmのロングドライブ。まぁ、もう慣れちゃってんだけど。

 ご当地の旭川ラーメンでも食べようと、旭川の某所に行くが、店の前で行列してる^^;。ロシア人じゃないが、生活の必要性で並んでいるんじゃないのがミソだよなぁ。と思っていたら、店から出てきた子供がいきなり店の前でゲロをしてくれる(食事上不適切なので反転処理^^;)。一気に食い気を無くしたので回れ右。

 

 旭川を走る車の運転マナーがなってなさすぎでビックリ^^;。札幌だってないけど、それ以上。ウィンカー出さずに曲がる、間隔がないとわかっているのに、不意に車線に合流しようとしたり(-_-メ)。一番びっくりしたのは、金髪な弁髪の兄んちゃんを見たことでしたが^^; アービックリした。

 

 旭川のヴィレッジ・ヴァンガード(それにしたって、ここってホームページだしてないのかね?)を電話帳から探し出して、なんとか見つける^^;。まぁ、ヴィレッジ・ヴァンガードったって、やっぱりそこの店員がどれだけいいチョイスしているのかっつかー、サブカル調に毒されちゃっているのかで、品揃えも変わってしまうのだけれど。そーいや、札幌(というか江別)のヴィレッジ・ヴァンガードはあまりいい店じゃないんだけど、やっぱ新刊の文庫とか置いてちゃまずいでしょ。あれじゃ普通の本屋だし。

 

 帰り際、低く、鉛色の雲の合間から太陽の光がシャワーとなって降り注ぐなかなか神々しいシーンに出会う。デジカメを持ってきてないことに舌打ちしたけど、まぁいいか。大切なのはイメージだし。ついでにいうと自分のデジカメじゃちゃんと取れそうもないしね^^;

 

 本当は、BRUTUSとか色々買っているですが、明日にします。それとアワーズライトはそのままReview行きにしようかと。ふぅー。

 

8/22 色々。

 

 ちょっと色々ありまして、更新時間がいつも以上に不定期になりそうです。これ書いているのも妙な時間なんですけどね。

 

 とりあえず、明日は更新できるかわからないので先に記録なんてのを……。

 

「ウルトラジャンプ」9月号 集英社

 ここのところ、クオリティが安定してきて、安心して読めたりしてます(大丈夫か、ヤングキング・アワーズ?)。

「破壊魔定光」(中平正彦)は、身体はゴツイわりに繊細な神経な定光が、よしゃあいいのに神代やよいにいらんことを言って険悪ムード。そんな中で新たにキャラ登場――ってな感じでどうなるよ、おいって展開。いい感じ。いい感じといえば、「天上天下」(大暮維人)。ダブリインパクト^^;俵の男気炸裂って感じですなぁ。

 

「サンデーGX」9月号 小学館

 これまたいい感じ。伊藤明弘の新作「WILDERNESS」がスタート。また冒頭から銃撃戦の嵐。いやあ、変わりませんな、先生。銃撃戦漫画ってのは相変わらずですけど、これが面白いから辞められない。しかし、一般人はついこれるのか? まぁそんなこと関係なしに、ですな。「インベーション・ボーイズ・ライフ(後編)」(陽気婢)もなかなか面白い展開で終了。らしいといえばらしい展開(憑依系ね。以前、「えっちーず」で似たようなことやっていたから)で、もうちょっと、新しいヒネリを。と思っていたら、あっさりと登場人物達を整理してしまってました^^;。それでも、陽気婢作品的にいい感じです。読後に悲壮感漂わないし。

 「天使だけが翼をもっている」萩原玲二も自分には好みの展開で好感持てます。違う意味で生真面目な主人公に、グータラな相棒(逆も可)。と、きたら必要なのは子猫体質の悪女でしょう(笑)。あとは、ストイックな奴がもう1人いればね^^;このあとどうなるか期待ですね。とかく、この人もアクション系列なんですけど、ちょっと異質ですね。浦塩(ウラジオストック)愚連隊。なんていい響き。アバンギャルドっぽい、くどそうな感じと思っていたら、今月の電影遊戯でも作者が同様にスラブのくどい感じを出したかった。というくだりでやっぱりそうか。ってなところです。

 

 今日購入した本でとりあえずこれまで。以後、追加するかもしれませんが。

 

8/21 とかく。

 

 盆休みによる流通の遅れが解消されず、ようやく今週から回復。とはいえ、欲しい本にかぎって週末とぶつかり、三日とか平気で遅れちゃったりするから地方に暮らすってのは大変です。ビーケーワンに頼んだ本がようやく今日届きましたが、これだってまともに札幌の本屋で取り寄せればよかったか^^;とか思うんですけど、それはそれ。

 オンライン書店で買う本はどういう本でしょう? 例えばビーケーワンのように新刊本であれば新刊販売時とタイムラグなしというのが本当に実現されれば(まぁ、北海道とか遠い場合、出版物もそれにりに遅れるわけだけど)いいんですけどね。まだそこまでは厳しいでしょうし。

 

『永遠の森 植物館惑星』(菅浩江/早川書房)がビーケーワンから届く。これから読書っす。ハードカバーなんでちょっと時間がかかるかな?

 

 

8/19 あちこち

 

 トップページをまめに見ている方はお気づきかもしれませんが、書評リングに入りました。トップページの下のほうにセットしましたので、時間に余裕のある方どうでしょう?

 

 書評といっても、自分にとっては前にも何度も言っているとおり、Reviewにとりあげているのはまず自分が面白いと感じたものです。で、点数もつけてません。それ以外のケースの場合、ここで取り上げるのもあることはあるんですけど^^;まぁそれはおいといて。漫画系サイトと言われているのも何かの縁で^^;、漫画系が多いんですけどね。

 

『勇者王ガオガイガーFINAL』をレンタルで見る。いやぁ、今回も無駄に熱いなぁ(笑)。

 

「創竜伝」12巻(田中芳樹/講談社)

 いやぁ、まいったなぁ。なにがまいったかって、11巻までの話を概略でしか覚えてないってこと。で、今回の話も外伝で、なおかつややこしいことに9巻のラストから始まって10巻のラストにつながるという……^^;。まぁ、いいけど。で、今回は田中先生お得意の中国歴史もの。宋初期の時代に”落ちた”、青竜王を探しに白竜王が……というわけで、さすが中国歴史モノになるとノリノリですな、田中先生(笑)。出てくる出てくる宋時代の英雄達が^^;

 というわけで、いい具合に肩の力を抜いている12巻ですが、13巻からはまた本伝に戻るとのことなので、こちらのほうは期待します。はい。

 

 

8/18 ときどき

 

 結構頻繁に通っていた「本の岩本」が、文教堂に業務移籍するとのこと。まぁ、そんなものかな。というところ。

 北海道は、まだ出版流通が盆休みのため^^;読書はなし。明日ぐらいから復帰するでしょう。「世界の駄っ作機」2もでておりません。創竜伝の新刊もなんの話やら(*_*)。

 

 

8/16 休暇はおしまい。

 

 朝、こっぱやく起きて、Mi2を見る。

 ……あははは、こりゃもう、スパイ大作戦というより、ジョン・ウー的作品というやつですなぁ(笑)。スローなモーション。二丁拳銃。ラスト15分のアクションは確かに必見。つまんないって人は正しいと思う。一人、ああ、ジョン・ウーじゃん、やっぱり(笑)と無限壁でのレスを思い出し、納得していたのは自分だけ?

 

 スポーツサンダルが欲しくなって、アディダスショップへ行くが、店員のヘッポコな対応に怒り心頭。ねー、サイズが無いのだったら、違うのを薦めるとかしないの? 何かと評判悪いABCマートでも、札幌店ならちゃんと店員は客に対して控えめな提案するぞ。プンスカ。

 

 帰宅して、「エクスドライバー」を見るが、あーだめ。駄作。見る価値なし。一体何をやりたいっすか。説明しないんですか。そうですか。貴方もあれですか、説明不足を演出だと思っているわけですか、それとも見る前にアニメ雑誌をチェックしないとストーリーは追えない仕掛けなんですか。エンディングのサイレントでのシーンが重要じゃないんですか、どうして未来社会のわりに、エランやスーパー7はガソリンなわけですか? というか『魂の駆動体』を読み直してから出直してこい。スカポンタン>スタッフ。

 

 本は買いましたが、まっすぐReview行きです。ではでは。

 

#明日から仕事かぁ。あ、一番トップにある文章、違和感を感じたので修正。

 

 

 

8/15 戦い終わって日が暮れて

 

 終戦記念日。

 でしたね。高校野球の中断を見て、ああそうか。と思ったぐらいですが。親族でも幾人かはあの戦争で命を落としている人もいます。が、当時のことを知れば知るほど、特攻隊の悲劇よりも、そんなバカな状況を作り出した政府、軍の首脳部のバカさ加減のほうに頭がきます。負けてよかったのだと親族の、特に祖父や祖母の年代に当たる人はことあることに自分に言いましたが、勝ち負け以前の問題でどうしてああいう出来事になったのか。それを知るには学校の歴史の授業ではさっぱりわかりませんね。

 何しろ歴史の授業でも、三学期に行われる近代歴史は端折られますからね。正直、安土桃山時代よりも、欧州百年戦争よりも、ルターの宗教改革よりも、19世紀から20世紀初頭にかけてさるモンティ・パイソンとテレタビーズの国がしでかしてくれた事のおかげで、どれだけ世界に紛争の種がばら撒かれる羽目になったのか、調べてみるとゾッとします。学校の授業も、歴史を追いかけるのではなく、遡行していくほうがいいと思うんですがね。物事は何事も発端があり、経過があるものですが、逆から追いかけることで理由づけがすっきりわかると思うのですが。今、きな臭くなっているカシミール地方はどうして紛争になっているの? 北朝鮮と韓国の問題は何時からスタートしたの? それはすべてここ100年の間の出来事から始まっているわけですからね。

 歴史は人類の行為に対する最大の皮肉の集積かもしれませんが、重要な示唆の宝庫でもあります。ここ最近、緊張緩和ムードが続く朝鮮半島問題の状況の類似点は、60年前の欧州でのドイツとイギリス、フランスの交渉をちょっと紐解けばいい。物事はそうそう簡単じゃないぞ。わかってるのかなぁ。

 

 堅い話はさておいて。

 親戚筋が札幌を経由して帰省Uターンするとのことなので会合しようとするが失敗(-_-)。結果的にはそれでよかったのだけれど、帰ってきても映画見るには中途半端なので、予定を繰り上げて「Phantom」をプレイ開始。

 

 いいぜ、これっ!

 

 肌色系なゲームも数あれど、ここまで男気というかスピリットを刺激されるようなゲームは少ないぞ(笑)。クロウディアの悪女っぷりもいいし、アインとドライが教会後で互いにガンを突きつけあうシーンなんざ、バックに白い鳩が飛んでいれば、まんまジョン・ウー・スピリットの面目躍如。失われた過去。純愛。信頼。野望。裏切り。漢気。そして逃避行。このキーワードだけで飯は三杯はいけるね!。いや、マジで。つーか、わざわざ3Dモデリングで銃を作ることはあるまいて(-_-)。いや、まぁ、個人的にはCz75とか見たかったけど(笑)。アンチ・マテリアル・ライフルも飛び出すわ、ようわかりません(笑)。ドマイナーな銃器も見てみたいな(笑)

 アイン・シナリオのエンディング、モンゴルの平原で自分の過去と決別し、新たな未来を見出すアインの表情にやられ、美緒シナリオでの志賀の漢っぷりにやられ、”アンタ、本当にいいヤツだな”と思わせるリズィといい、Hシーンなんて無くても(まぁ、あったほうがいいかもしれないが)十分にオッケー。

 とにもかくにもぶっ続けで6時間近くプレイして、ともかくドライ(キャル)のエンディングだけ未見だけど、十二分にオッケー。いやぁ、今年は「青空」といい、この「Phantom」といい、ツキがいいぜ。

 

 実は朝から、WOWOWで「リプレイメンス・キラー」を見て、ジョン・ウー・スピリットの具現者、チョウ・ユンファの2丁拳銃っぷりに感動し、で「Phantom」見て喝采し、これから「男たちの挽歌2」を見ようってんだから、もう漢気テイストぷんぷんです。もう明日は大型ゴミ出したら速攻でMi2です。M92F二丁買っちゃうかもしれません(笑)

 

 

 

8/14 D−day+2 侵攻限界点

 

 作戦目標に関して90%の成功と判断。残存物資の処分に関しては今後、順次行っていくものとする。

 

 いやぁ、とりあえず終了。というか、とりあえずがミソですけど^^;。終わった終わった。ゴミ袋は考えたくないぐらい出ましたけど、これで腐海もちったぁ棲み易くなりました(^^ゞ。

 

 市清掃局に電話。大型ゴミの回収について色々と聴く。結局、FD関係は燃えないゴミでいいとのこと。パッケージもプラスチックなんですけど、これもいいみたい。PC98の処理で、大型ゴミ回収センターに電話で聞いたときの会話。

「すいません、パソコン本体は大型ゴミに入るんでしょうけど、キーボードとかは?」

「えー、30cm四方を越えないものに関しては燃えないゴミで結構です」

「はっ? ということはキーボードとか、周辺の機械とかも?」

「はい。ゴミ袋に入るのでしたら」

 ……いいんか、それで? というわけで、ノートPCとか、わかんないんじゃないの?とか思うのだが、まぁいいさ。ドットインパクト・プリンタと昔の98、そしてフロッピーやその他もろもろを処分していたところに友人Kから電話。こやつも部屋の掃除で悪戦苦闘しているらしい。5インチのフロッピーを全部処分したといったら、向こうで「プレーしたいのがあったのに!」っておいおい、タダでよこせって意味か、それは(笑)。まぁ、激闘ソロモン会戦とか、Windows版で出るらしいから、そっちを買うのがいいんじゃないの?(笑)とか話をして、二人して色々買い込むため街へ出て、買い物する。

 

 というわけで今日も読書はなし(^^ゞ。昼間は街にいて、夜は後始末でしたから。はぁぁぁ、疲れた(笑)。でも始末しなきゃならないの、まだあるんだよな。

 

  しかし、廃棄予定の机を整理して出てきたノートとか手紙とか年賀状とか数少ない写真を整理しながら、ちょっと過去に思いをはせてしまった。ノートには、学生時代のレポートで悪戦苦闘っぷりが如実に出てて笑えたし、手紙には……もう生涯自分が手紙なんて出すことはないかもしれないし、受け取ることはないかもしれないけれど……読み返して、ちょっと考えてしまった。すべては遠くになってしまったことだし、自分の中で折り合いはついているし、その件に関して四の五の言う気も言われたいとも思わない。でも、それがあったのは事実なのだし、それを認めることで、ほんの少し自分がラクになったのは事実だから。今思えば他にやりようがあったと思わないこともないけれど、当時の自分にはこれが精一杯だったし、これがあるから今の自分がいる。それを教えるためにこの手紙が今までここにあったんだろうな。って何を書いてるんでしょうか。まぁ、この文章は完全に、未来の自分向け文章ですなぁ(笑)。まさしく日記の本質というべきか。

 一方、年賀状と写真。今はもう名前を思い出すことすら難しい友人、同僚達がそこにいる。ああ、本当に過去はここにあるんだ。でも、過去は過去だしね。丁寧に封筒に収めて保管して終了。まぁ、片付けとは自分の過去に思いをはせるものだなぁ。本当に。

 

 

 

8/13 D−day+1 パンドラの箱

 

 全然終わりません(*_*)>本の整理

 

 かなりマズイっす^^;。溢れかえっている本が一向に減りません^^;。いや確かに量的には減っているのでしょうけど(後述)、それ以上に溢れかえっています(*_*)。ヘタしたら夏休み、これでつぶれるのかって嫌な予感すら漂ってます(*_*)。悠長にやっている時間もないですが、おそらく1990年代後半から溜め込んだ本の整理は無謀でした……。片っ端から読まない本、読んでない本、読む必要性がなくなったものは捨てにかかっているんだけどなぁ……。

 

 また、いままで本屋で買ったときにつけていたカバーをそのままにしていたのだが、整理するときにウザいので引っぺがす。ところが、まぁ漫画もそうだしハードカバーものも、自分の無節操さが大爆発^^;。これ、自分が犯罪者になったときにマスコミになんていわれるんだろう?とちょっと冷や汗^^;

 

 無印良品でよく買っている再生紙クラフトの整理袋ってのがありまして、これだと大体、アニマルとか週刊誌関係がすんなり入るからけっこう便利なんです。で、買ってきて、どんどん整理袋に入れて、紐で縛って新聞、雑誌の回収日に出そうって魂胆なんですが、これがまた^^; 束が5つ越えてもまだ減ってません。そりゃそうだ。床に積み上げていた本ばかりがここにあるのだから、実質本棚の内容は減ってないのか^^;

 あわてて買ってきたスライド式ストッカーでしたがアッという間に本が埋まり、慌てて夜に買いに行くと品切れというトホホな結果。PC−9801シリーズの本体、プリンタの廃棄も決めて、札幌市清掃局のサイトで調べる。ところでフロッピーって燃えないゴミでいいんだよな^^;。明日電話で聞いてみよう。ちなみに札幌ではパソコン本体の廃棄の場合、電話連絡して200円で回収券を買う必要があるんだって^^;。ひいいい、面倒だなぁ。

 

一応本棚のショットかと思ってください。

 ちなみに、本棚を整理してわかった自分の今お気に入りの漫画はコレ^^;。下段は、連載中のやつを追っかけているやつなので深く考えないように(笑)。あまり奥行きのある本棚はこういうとがやっかいだ。えっ?見づらい?いや、それは一応計算のうちってことで。かなり昔のもあるけど、へビーローテーション?というか、なんというか、頻繁に読み返したりしそうなやつが前面にきている。もっとも、途中なのでまだまだ変わると思うが^^;

 

#追伸。ちっとも映画を見に行く時間がありません^^; Mi2、TAXi2、見たいのがあるのにににぃ。

 

#読書はなし。でも手元には、「Phantom」(Nitro+)があるのはナゼだ!?(爆)おそらく掃除終了後、プレイするでしょう(予告は果たした!)

 

 

 

8/12 D−day 始まりの日

 

 このサイトを見に来てらっしゃる方で、コミケに行っている方はどれだけいるのでしょうか? お疲れ様です。私は、札幌に残って、一人部屋の本の整理を断行しています。ええ、とうとうやり始めましたとも!(ただいま、片付け開始12時間後。途中、午睡したりしていたので、まぁ、そんなものです)

 

 本をできるかぎり読まないように、読まないように、と思っても「おおっ、こんなとこにあったのか!?」とか行って手にとってしまうので大変です^^;。一応、小説は右から左にしているんだけど、漫画はなぁ^^;

 というわけで今、余剰スペース獲得のため、重要度の低い漫画(というか本棚に溢れてしまうもの)と処分する雑誌などを仕分けている最中です。徹底的にやっているため、途中で止めることはなお一層のとんでもない状況を引き起こしてしまいそうです(苦笑)。やべーっ、やべーっ。

 

 本棚を一つ購入しようと考えてますが、そのスペースも作らねばなりませんし決行頭が痛い。1993年からサッカー特集ばかりを追っかけてきたNumberも処分はしないまでも整理しようかと思っています。読まなくなったNational Geographicを処分しました。あとWIREDも。PC−98のマニュアルも処分して、という形で決行大規模になりそうです。なんとか、明日までには目処をつけたいところなんですけど。

 

 未読本が意外に多い(*_*)。とりあえず、固めておいて読破にとりかかろうかな。

 

 Reviewに取り上げるかどうか思案中なので、その前にこちらで。取り上げたときには削除しようかどうかはさらに思案中。

 

「イグナクロス零号駅」 (CHOCO/メディアワークス)

 恐ろしく高品質な紙を使っているが、A4版にしてくれたほうがありがたかったかも。B5サイズは辛いナリ。物語については、あまり語るべき話でもないのだけれど(どれもが断片すぎて)。

 そんなに追っかけていたわけでもないので(それでも興味はあったのだが)、そんなに熱狂しているわけでもないのですが。読んで、フーン。というカンジがまず一つ。確かに絵は流麗だし、見るべきものは確かにある。だが、あまりにシーンの一つ一つが断片過ぎて、説明不足を演出と取りたがえているケースじゃないのかな。とは思う。それでも、生還していると信じている戦友を待つ兵士のエピソードとかはけっこう好きなんだけど。

 本質的にはイラストレーターであり、漫画家ではないというべきか。いや、これは決して貶めてわけではなく、作者のもつべき能力というかなんというか。ともかく、そんな不思議なカンジを受けました。

 

 

 

8/10 リンクには入れないけど。

 

 apocalypse
 軍艦島をご存知だろうか? 十年前ぐらいに省エネか何かを訴えるCMで流された長崎地方にある炭鉱採掘の島だ(正式には長崎県西彼杵郡高島町にある端島)。子供心に軍事オタッキー気質を開花させつつあった自分は、あのCMを見るたび、「軍艦島だっていうからきっと軍艦を作っていたのか、それとも要塞だったのかな」とか陽気に思っていたのだ(笑うなよ、そこ^^;)。少なくとも画面から感じられる雰囲気は、まるでダーティ・ハリー2でハリー・キャラハン刑事が戦った、もしくは海兵隊が立てこもり(笑)老英国情報部員が幽閉されていた^^;アルカトラズ島を彷彿とされる大建築物の廃墟だったのだから。
 実際は前述した通り、炭鉱の島に建蔽率無視でどかどかと建物を建てた結果、遠目で見ると軍艦のように見える。というわけ。何しろ最盛期には6300平方メートルに5300人の人々が暮らしていたり働いてたというのだからびっくりである。ただし1974年に国の政策転換の余波で閉山し、今は無人島とのこと。詳しいことは、上のサイトから軍艦島というハイパーリンクをたどっていって見てほしい。直接リンクは張ってないのであしからず。若干重いがMicromedia Flashがあれば、芸の込んだ紹介が見れる(通常のHtmlバージョンもあるが)。
 どうやら今も近くの漁業を営んでいる人に頼めば上陸することは可能らしい(中は結構危険なところもあるらしいが)。
 ここのサイトマスターも同様に上陸した口らしいが、とんでもないトラブルに巻き込まれる羽目になった。世の中、バカが多いということではいささか教訓めいたことを知れるだろう。センスのいいサイトの構築、デザインと共に、朽ち果てた無人の巨大構造物。という点でも興味ぶかいサイトではある(個人的にはDirector'sCUTのほうがお勧めかも)。また違うサイトだが、ここの文章を読んだときはあまりにハマり過ぎていて鳥肌がたつぐらいだった。

 

 

8/9 ある日どこかで。

 

 明日の通販と本屋は?
 ここ一年の間に結構ネット経由で通販を頼むようになった。前までは一々Fax送らないといけないので面倒(電話でも自分の名前を言うのもイヤだし)であり、円高の頃、せっせと海外の通販会社にFaxで英文を書いていたころが懐かしい^^;。L.L.ビーンも、エディバウワーも、ランズエンドも今では日本国内で買える以上、わざわざFedexの箱を見る必要はなくなったのだけどね(この話はいづれまた)。
 今では100%ネット経由で通販している。もっぱらCD、同人誌、書籍がメインだ。CDは基本的に通販オンリーものだったので省くとして(久遠の絆のサウンドトラックです^^;)、同人誌は『虎の穴』から一箇所買いなのだ。特に名を秘すが(笑)、最近分割だの民営化だの、特殊法人化などと囁かれている郵政省所属の友人に言わせると、最近『虎の穴』の取引荷物が多くなっているらしい。
 しかし、あの駄作(言い切るぞ)映画『セブン』でも出てきた話だが『虎の穴』では通販購入者の購入リストの記録は残っているんだろうか。多分、残っているんだろうな・・・・・・と考えると非常に薄ら寒いものが(笑)、その人物の読書傾向ってのが如実にバレそうですなぁ。ああ、この人去年まではさくらにはまっていて、今年からはアレですか、とか。あんな本やらこんな本やら・・・・・・やめよう、不毛になってきた(笑)
 閑話休題。
 イサイズのブックマスターが語るオンライン書籍販売についての文章がここで読めます。
 自分も以前、次世代のネット経由による書籍販売形態の予想でえらくつらつらとした小説を書いていたりもしたけど、この人の予想もPOD(プリント・オン・デマンド)店舗を経由したやり方で、自分の予想(というか願望も)そんな悪くないじゃん。とか自画自賛モードに入ってみたり(笑)。
 やっぱり、早川や創元とかを買っていると絶版が一番の恐怖ですから、なんとしてでも絶版本救済を考えてもらいたいわけですよ、自分としては。

 

 

 

8/8 俺をそんな名前で呼ぶな!

 

 月曜日、仕事場にブツが届いた。bk1で頼んでおいた文庫だったのだが、何しろ、集英社のコバルト文庫である(笑)。まだ富士見、電撃はひょいひょいと買えるが、いくらなんでもこれはなぁ(笑)。というわけで、bk1のブックカバーをかぶせて、会社でつらつらと読む(一応昼休みです)。うむ、これは盆休みに回そう。上遠野浩平氏の新作は、明日です。というか感想書いたファイルを仕事場に置いてきてしまった(*_*)。

 

 仕事が忙しいというか、個人的にピッチを上げてかかっているので更新時期が延びてます。毎日ここを見に来てくださるかた、もうしわけないですm(__)m。できるかぎり、毎日更新をしようと心がけてはいるのですが^^;。本読んで、感想をまとめるって大変。書評系サイトの人達はよくやっとるわー。というのが正直な感想。

 

 講談社からE−Mail。Mailの冒頭には「漫画関連HP管理者様」という文字が……やっぱりここは漫画系サイトなんですかね?(笑)。一応、SF、ヤングアダルト、技術史とか色々とやってるつもりなんだけど(笑)。簡単にいうと、オンライン配信の漫画サイト(e-manga)を開いたとのこと。有料らしいんだけどBiglobeの会員にならないと駄目らしいので、私は入る気がありません(笑)。それでも無料お試し版で、モーニングで連載中の幸村誠『プラネテス』が公開されているなら、ISDN回線とか、速い回線からアクセスすることをオススメします。面白い作品ですから>『プラネテス』。あとは、実はここの名前の元ネタというか遠因というか『ガケップチ・カッフェー』(大前田りん)も有料ですけど、公開してます。どうしてここのサイトの名前とつながっているかは、いづれまた(笑)。

 

 

 やっぱりご期待には添うべきなので、今日の感想。手短です。

 

「度胸星」2巻 山田芳裕/小学館

 二次選抜が終わり、新たな水中訓練が始まる。色々な意味で楽しみな作品ではある。

 

「コックリさんが通る」3巻 奥瀬サキ/小学館

 出るまでかかりすぎっすよ。全然前の話覚えてない(苦笑)。確か、ダンボールにつめたところまでは覚えているんだけど^^;。最後の二編はつい最近のもので、やっぱり絵柄が変わってますね……しかしよくこんな細かいシーン書くわ、本当に。それにしても2巻とか出てたころ、ブルセラショップ大流行だったんだねぇ(苦笑)。

 

8/6 昔の夢を。

 

 とうとつに見る。失ったものばかりを見たような気もするが、これは取り戻したいと考えているのかな? まぁ、失ったものというか、捨てたから、もう二度とこの手にはおさまるまいて。

 

 CDを聞くがテンションが出ない。ちぃーっ。とわけで、久しぶりにBOΦWYのCDをこれから引っ張り出して聴くつもり。

 

 読書をするが、イマイチ心の中で乗り切れず、ただ読んだだけ。というカンジ。もうこの作品も駄目かなぁ。というわけで、題名は秘しておきますが、ちょっと失敗。PSのギレンの野望を引っ張り出して、再プレイして一日が終わる。……いけね、部屋が全然片付いてないや(>_<)。

 

 これから上遠野浩平氏の新作を読みます。お休みなさい。それにしてもZero−con、電撃文庫の作者陣がズラっと並んだらしく、行けばよかったと悔恨。まぁ、そんな金はないのだが。多分、逢いたくないというか、どの面下げて逢えばいいのかわからない人(自分が、です。お間違いなく。恐縮やら、申し訳ないやら、迷惑ばかりかけていたので)もいるので、行くことはきっとできないかもしれないけど。E.G.コンバット・ファイナルは今年の冬になるんだって――。まぁ、待ちますよ。自分は。田中芳樹氏の待ちに比べればこのぐらい。

 

 星雲賞も決定。「戦闘妖精雪風 グッドラック」(神林長平氏/早川文庫)が長編部門受賞。短編部門は、野尻氏の「太陽の簒奪者」に決定(ハイパーリンクをクリックすると、Reviewへいきます)。メディア部門は「カウボーイ・ビバップ」がゲット。そーいや、映画化はどこまで進んだのだろう?

 

 

 

8/5 なんだとお。

 

 仕事、仕事で明け暮れて、気が付いたら会社にいたのは自分達だけ。ま、土曜日だしね。CD−Rも買わなきゃいけないけれど、金がなし。あ、ピン札の二千円札もらったんだけどやっぱり、コレって失策じゃん。オブチさんも途中で死ななきゃきっと今ごろ××宰相だったんだけど、今はもうモリさんがその役を任じてらっしゃるので……。

 

「鉄コミュニケイション」2巻(秋山瑞人)電撃文庫読了。Review行き決定です。

 

 

 

8/4 プンスカ。

 

 ちょっといやーんな事があったので、短縮モードです。

 

 巻頭の言葉でいいのが思いつかない(>_<)。色々書き連ねるのだが、短いセンテンスで言いたいことを言おうとすると攻撃的になるし、自分を知っている誰かをせめてたりしてしまいそうになる。えーい、この軟弱者のバカ者め>自分。そーいや、トップの絵も変えてない(>_<)。ふぅー。

 

 といいながら、ちょっと良かったこと(笑)。復刊ドットコムで復刊要求を出した森雅裕の不毛で感動する自伝的恋愛小説「歩くと星がこわれる」になんと、数名ながらも投票が! ものごっつうれしい。すくなくとも投票してくれた人の感想も理由も自分には納得がいく。あまりに不幸すぎる生き方しか出来ない主人公と世間知らずのお嬢様の、なんとも不器用な、恋愛。初めて小説を読んで詰ったっけ。というわけで、復刊ドットコムの該当ページはここ。復刊要求には100人の投票がいるので、まだまだ先は長いかもしれないけれど、投票してくださると本当に嬉しい。いや、もう是非に。しかし、平野耕太の18禁(だっけ、アレ?)漫画にも復刊要求がでてるが、復刊しますかねぇ?(笑)個人的には、ガイア・ギアより、こっちだったら無条件買い決定(笑)。

 

「鉄コミュニケイション」1巻(秋山瑞人)電撃文庫

 ようやく入手。秋山節がいたるどころで炸裂していて、原作を見ていなくとも十分(たしかCSで再放送していたが、見過ごしたからなぁ)その雰囲気は漂う。細かい話は読了したあとReview行きということで。

 

 

 

8/3 その視線は?

 

 無限壁のぽんさんが来道。札幌にいるので平日ではあるのだがオフを決行。ジンギンカンが食べたいというリクエストに答えて、札幌麦酒園へ。予約いれといたほうがいいんじゃなのー?とフォローをしたのがよかったのか、ちゃんとえふわらさんが予約をとってくれたおかげで、悠々とテーブルにありつける。すいません、頼りにならない副隊長で^^;。

 ただひたすら肉を食べるが、半分生の玉葱が好物である自分としては必死になって玉葱を鍋に放り込んでました^^;。

 

 その後、何ゆえか蝦夷兎へ。初めて平日に行くが混んでいるねぇー。というわけで、あまりいい席にありつくことは出来なかったが、いろいろと話たりする。で、ロックのお代わりを持ってきた兎ちゃんが自分を見るなり、「ひさしぶりですね。お元気でした?」ときたもんだから大騒ぎ^^;。いや、別に遊んでなんかないし、過去もありませんって。確かにこの兎さんとは初めてここに来たときに出会った記憶はあるが、それだけですってば、本当です。というが、三人の視線はなんとも形容しがたいものを感じた。ちょっと待ってくれ、片手の指で数えられるぐらいしかここに来てないのだから、覚えられるほど俺ってなんかしたか?謎は謎を呼ぶが、すいませんが会員にはなりません(きっぱり)。いや、きっと、多分、本当(笑)。

 

 その後、怪しげなCD−Rを頂き、歓談したあと解散。地下鉄の階段を下りながら、目の前にいる女の子を見る。黒のキャミソールワンピっぽいノースリーブのワンピースで、もう一つ、ブラのストラップも黒。地下鉄を待つ間、夜遊び隊隊長との会話。やっぱ、ああいうカッコしてブラのストラップを出すなら、色もコーディネイトしないとウソですよね。そそ。ピンク色の安っぽいのだと百年の恋も醒めるわなぁ。でもでも、あの女の子すごかったですね。黒のブラですよ。黒。そうだねぇ。って、何、自分の品位を落とすようなことをここに書いているのかわかりませんが^^;、そんな会話(それだけじゃないにしろ^^;)をして、JR駅で別れる。雨が降る中、傘を差してテクテク歩くと、ちょっと自分の心情がいささか複雑になっているのを感じたが、何ゆえかは内緒。

 

 週刊モーニング/講談社

「プラネテス」(幸村誠)。圧倒的なまでの宇宙の孤独感。丁寧な作風が、SFというスタンスを明確に浮き上がらせる。宇宙空間で1人遭難したハチマキは、空間喪失症にかかる。感覚剥奪室の暗闇に絶えられないハチマキの前に1人の人物が現れた。それはもう1人の自分、もうひとりの意志、もう一つの意識。うまい、うますぎる。というわけでコミック化には十分な量がたまったばずだ。今週号の最後のページ、最後のコマのあまりの意志の強さにオッケーってなところ。

「オリンピックの世紀」(春場洲太夢/鎌田洋次)日本サッカーといえばメキシコ五輪の銅メダル。銅メダルといえば、日本サッカーの父、テドマール・クラマー。というわけで、この人を軸にした戦後日本サッカーの黎明期の話。作中で「Look Before = Think Before/Meet The Ball/Pass and Go」(前もって見ろ、考えろ/ボールへ向かえ/パスを出したら、スペースへ移動してパスを受けろ)とは、まさしくサッカーの本質。で、一番感心したのは、得点には運不運はないと言い切り、「偶然に支配されない戦術を磨き、その戦術が実行できる正確なプレーを身につけること。結局はそれに尽きるんだ」と言うのは脚色なのか、それともご本人の発言なのか。どっちにしても含蓄のある言葉だ。「決定力不足」の理由の一つの解答でもあると思うがこれいかに。ちなみにクラマー氏はその後、バイエルン・ミュンヘンを優勝に導いたりしていて、第一級の監督になったすごい指導者です。

「リーマンギャンブラー・マウス」(高橋のぼる)。インドまぐろ子の次なる手がバカバカしくていいです。もう、下品で下品で、ギャグも滑ってるし(笑)

 

#たかもちげん氏死去とのこと。ご冥福を祈ります。

 

8/2 ゴキュゴキュゴキュゴキュ。プハッーッ(擬音)

 

 ドライブ、ドライブ。でも、運転しなかったから快適といえば快適(笑)。くかーっと寝たりして日ごろの睡眠不足を解消したり。やっぱり域も帰りも高速ってのはいいやね。さすがに当地ではクーラーもなくて、汗だくになって作業していたりもしたけどね。

 で、帰ってきて一っ風呂浴びて、麦酒を飲んで一言が↑。ああ、オヤジって、もう俺もいい歳だよなぁ(笑)。しかしエビスはうまいっ!

 

 未読本が増える一方です^^;。どうしたもんかなぁ。

 

「快楽天」ワニマガジン社

 「エヴァーグリーン」(米倉けんご)が連載開始。丁寧な作風とちゃんと次回への引きを残す。期待するには十分。「固体のヴァリエーション」(桜見弘樹)も、男まさりというか、男っぽい女の子が見せる、ほんの一瞬の女らしさと、それを隠す表情。恋人ではないけど友達以上。そんな関係が続くのか?ハイレベルな作品ではあると思う。

 

「ヤングキングアワーズ」9月号 少年画報社
 すっかりアワーズライトにそのテイストをしぼられつつあるんだけど^^;。それでも確実に面白さをキープしている作品は確かにある。

「ジオブリーダーズ」伊藤明弘
 ムチャクチャな銃撃戦が今回も続く。しかし、アリかあれは!?(笑)。FBWを搭載していれば、アームを伸ばしてバルカン部分を移動させても機体はなんとかなるかもしれない。とか思いつつ、そんなことを読んでいる最中には微塵もカンジさせない勢いがこの作品にはある。それにしても、すっかり巳春はすっかりなじんちゃってまあ(苦笑)。

「朝霧の巫女」宇河弘樹
 い、いや、安定している話といえば話なんだけどお父さんの立場が今回もなしというのがさらに(笑)

「コミックマスターJ」田畑由秋/余湖裕輝
 これってまさしくトミノ的なあの人なんですかねぇ(笑)。いや、それはともかく、タイアップしている作品にも面白いものは確かにあるし、全然つまんないのもある。自分の色を出すのか否か。一概にはいえないけれどね。それはともかく今年前半のあの盛り上がりは無かったことにするのか^^;。まぁ、それもアリか^^;

「カムナガラ」やまむらはじめ
 ストーリーは複雑さをまし、かなたとひたかの間には信頼感が生まれていく。話が動き出してきたかな? もっと読みたいんだけど。

 

 

8/1 怒り。

 

 ムカーっ。というわけで、不意の電話のせいで500kmのロングドライブが決定してしまいました(>_<)。どうしてそんなことするかなぁ。と思いつつ、俺の身体は一つなんだって。という愚痴は置いといて。

 

 あちこちを巡回していたら不意に見つけたサイト。な、なんとあの「極東学園天国」の作者、日本橋ヨヲコさんのホームページじゃないですか。と喜び勇んで見てみたら……

 

 「極東学園天国」は第二部で終了。

 

 なんだとぉー!どうみてもあの終わりは三部に引っ張るものじゃないのか。というわけで、ヤングマガジンの編集部め、何を考えてやがるってんだ、まったく。作者自身は納得しているというか、わりとすっぱりと割り切っているようだが、返す返すも残念だとしかいいようがない。

 

「最終兵器彼女」2巻 高橋しん/小学館

 インパクトのあった1巻からうってかわって、展開が続く2巻。要所要所でシュウジとちせのほのぼのシーンが挿入される中、確実に世界は変貌していく。それはシュウジにとっても、ちせにとっても。特にシュウジはふゆみ先輩との仲は一体全体どうなってんだ、おい、羨ましすぎるぞ、おい――それはさておき――伏線が張り巡らされているというところか。残酷なまでにインパクトのあった1巻とは違い、今回は、変わっていく様が静かに、確実に語られていく。うーん、続きが早くみたいし、物語の結末がどういう形で述べられるのか。期待は大きくなっていく。